NO XX NO LIFE vol.10

2022. 11. 24


NO チャリ NO LIFE
by GRIFFIN ITN MUKAI




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

BARBARIAN【バーバリアン】やPYRENEX【ピレネックス】等を取り扱う輸入代理店・GRIFFIN ITN/グリフィンインターナショナルのセールス・向井氏の“お気に入り”は、通勤の足でもあるチャリです。

通勤の足として、年一の健康診断で怒られないためになくてはならないのがチャリです。

田舎者の私にとって都会の通勤ラッシュは耐え難く、20年以上チャリ通勤をしています。
何かと無理がたたってしまうお年頃なので、程よい距離のチャリ通勤は良い運動にもなっています。

今まで数台のチャリを乗り継いでおり、車種や装備など特に強い拘りはないのですが、自分に負けたような気がするのでアシスト付きだけは何となく敬遠しています。
根拠のないプライドです・・・

因みに、様々な草木の色づきの変化を感じられるのもチャリ通勤の良いところです。
オジサンになると若い頃見向きもしなかった草木に癒されます。







NO XX NO LIFE vol.9

2022. 11. 21


NO BARBARIAN NO LIFE
by GRIFFIN ITN MUKAI




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

BARBARIAN【バーバリアン】やPYRENEX【ピレネックス】等を取り扱う輸入代理店・GRIFFIN ITN/グリフィンインターナショナルのセールス・向井氏の“お気に入り”は、会社との縁を取り持ってくれたBARBARIAN【バーバリアン】です。

最初に出会ったこちら2枚のBARBARIAN【バーバリアン】、かれこれ25年以上着ています。
当時大きいサイズを購入したのが幸いしておじさん体型の今日まで共に過ごせております。

色の変化は25年の年月を経て見ての通りですが、その他はどこも壊れておらず、今の会社との縁を取り持ってくれたモノということもありとても愛着があります。

昔々はこのようなコットン100%のウエアを着てごっついラガーメン達がガンガンプレーしていたわけで、そんなハードな状況に耐えうるよう細部の強度までこだわって作り上げたラグビーウエアですからこの先も普段使いしている分にはなかなか壊れないと思います。

これからもたくさんのBARBARIAN【バーバリアン】を買い足していくと思いますが、周りから『止めなさい!』と言われるくらいクタクタになるまで着続けようかと思います!

因みに、エイジングという魔法の言葉のおかげで昔だったらただのお古が『いい味が出てますね!』なんて言われることもあります。







NO XX NO LIFE vol.8

2022. 10. 19


NO RUNNING NO LIFE
by SIRIUS KATSUI




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

FERNAND LEATHER【フェルナンドレザー】やJABEZ CLIFF【ジャベツクリフ】を取り扱う輸入代理店・ SIRIUS/シリウス・代表の勝井氏“お気に入り”は、ミーハーなきっかけのランニングです。

私がランニングを始めたのは、もう20年前のこと。ホノルルマラソンを完走するという今思えば何ともミーハーなきっかけ。

最初3kmも走れず、徐々に長い距離を走れるように、半年後には80kgあった体重も65kgまで落ち、3時間40分で完走。

その後、距離を走れば走るほど体力も付き、2年後にはサブスリーを達成するまでに。
今は年齢とともにそんなタイムは無理だけど、毎朝のランニングは健康と頭の体操には欠かせないもの。






NO XX NO LIFE vol.7

2022. 10. 17


NO FERNAND LEATHER NO LIFE
by SIRIUS KATSUI




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

FERNAND LEATHER【フェルナンドレザー】やJABEZ CLIFF【ジャベツクリフ】を取り扱う輸入代理店・ SIRIUS/シリウス・代表の勝井氏“お気に入り”は、粘り勝ちのFERNAND LEATHER【フェルナンドレザー】です。

私が"Steve Fernand"氏と初めて会ったのは、今から約25以上前のこと。

最初ミシガン州の工房に出向き,、FERNAND LEATHER【フェルナンドレザー】のシューズを卸して欲しいと打診したところ断られ、その1年後に際チャレンジで打診したら「シューズは無理だからバッグなら作ってあげてもいいよ」と。

その後4-5年バッグを輸入していたが、バッグだけではなく、やはりあの独特のフォルム/履き心地の良さが忘れられず、3回目で再度打診したところ呆れた顔で「OK」の返事。
ただ、「シューズは1日に2-3足しか作れないから30足限定で販売してやるよ」と。

"Steve Fernand"氏曰く、昔"Fernand"氏が立ち上げ時から生産していたニューヨーク州の某ハンドメイドシューメーカーとは、モノ作りへの考え方の相違が生じ、自身のブランドを立ち上げたとのこと。

FERNAND LEATHER【フェルナンドレザー】のシューズはレザーのカッティングから縫製まですべて手作りで、使用されているレザーはシカゴの老舗タンナーであるホーウィン社のクロームエクセルを別注。
数年前からアメリカでも効率よく生産するために、すべて機械化された工程で商品生産が行われる中、未だにオールハンドメイドのシューズ/バッグは非常に貴重な存在です。






NO XX NO LIFE vol.6

2022. 09. 28


NO いいちこ NO LIFE
by SAWS COMPANY KAWAKUBO




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

BURLAP OUTFITTER【バーラップ アウトフィッター】を手掛け、GOODWEARやDINEX等も取り扱う輸入代理店・ SAWS COMPANY/ソーズカンパニーセールス・川久保氏“お気に入り”は、下町のナポレオンこといいちこです。

僕の数少ない楽しみは毎日の晩酌。
そんな晩酌に欠かせないのは下町のナポレオンこといいちこです。
僕は食事と一緒にお酒を嗜むのが好きなのでどの食事にも合う焼酎を探していました。色々と試し、探しに探してやっとのことたどり着いたのがいいちこでした。
灯台下暗し、あらあらこんな近くにいたのねと。
どんな料理に対しても気取らずにどしっと構え、それに対応できる懐の深さ。
受け身と見せかけてたまに主張してくる麦の香り。
長年人々から愛され、いつでもどこでも簡単に手に入れることのできる悦び。
まさに企業努力。
尊敬と感謝しかありません。
今の僕にとっては“NOいいちこNO LIFE”、欠かすことのできないモノ。

そんな僕のいいちこの楽しみ方は炭酸で割ってレモンを絞って呑む。ただそれだけ。
いわゆるシンプルなレモンサワーですが、グラスの淵にレモンの皮を擦りつけて香りを付けるのがポイントです。このひと手間で全然香りの違うレモンサワーが出来上がります。

今の季節は徳島のスダチを通販で大量購入し、作り方同様に毎晩スダチサワーを嗜んでいます。








NO XX NO LIFE vol.5

2022. 09. 26


NO GOODWEAR NO LIFE
by SAWS COMPANY KAWAKUBO




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

BURLAP OUTFITTER【バーラップ アウトフィッター】を手掛け、GOODWEARやDINEX等も取り扱う輸入代理店・ SAWS COMPANY/ソーズカンパニーセールス・川久保氏“お気に入り”は、25年前に出会ったGOODWEARのポケTです。

僕がGOODWEARのPOCKET Tシャツと出会ったのはかれこれ25年前。
当時まだ18歳の僕は地元のセレクトショップでこのTシャツを手に取った瞬間、素人ながら分厚くて丈夫そうだなと思ったのを覚えています。
それから何年着倒してもそのTシャツはへたれずに自分のボディがわがままになり、着れなくなってしまったのも今となっては良い思い出です。

その数年後にGOODWEARを輸入している会社にまさか自分が入ることになるとは夢にも思わず。(今では毎シーズン、色を決めるのがそれはもう大変で大変で…)

GOODWEARは創業時から今も変わらずアメリカ製にこだわり、7.2ozというヘビィオンスながらチューブボディで丈夫でクラシカルなTシャツを作り続けています。
シンプルなデザインながらこだわりの詰まったTシャツは唯一無二。
だからこそ25年経った今でも買い足し、着続けることができるのだろうと思っています。

時は経ち、昔は割と簡単に手に入れる事ができたアメリカ製のTシャツもここのところ本当に少なくなってきました。
GOODWEARが今でも当たり前のように継続していることがとても貴重な時代になってきたと感じています。

そんなGOODWEARも2023年で40周年を迎えます。
いつまでも変わらずにホンモノを作り続けて欲しいと心からそう願っています。








NO XX NO LIFE vol.4

2022. 08. 22


NO BEER NO LIFE
by IMEX MATSUBARA




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

ROYAL MER/ロイヤルメールやLE LABOUREUR/ル・ラブルール 等を取り扱う輸入代理店・IMEX/アイメックスのセールス・松原氏“お気に入り”は、BEER/東京クラフトI.P.A.です。

ほぼ毎日飲んでいるビール/東京クラフトI.P.A.。
全てのビールが好きですが、自分はやっぱりI.P.A.が一番。
強いホップの香りと苦みが最高です。






NO XX NO LIFE vol.3

2022. 08. 18


NO ROYAL MER NO LIFE
by IMEX MATSUBARA




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

ROYAL MER/ロイヤルメールやLE LABOUREUR/ル・ラブルール 等を取り扱う輸入代理店・IMEX/アイメックスのセールス・松原氏“お気に入り”は、6月のフランス出張で伺ったROYAL MER/ロイヤルメールです。

PARISから目的地であるNANTESまで片道3時間。
到着後はゆっくりと散策したいぐらい落ち着いた街並みを横目にいざ、工場へ、、、。
整理整頓された明るい環境下で細かい手作業と品質管理に感動です。
ヨーロッパ国内でも高品質なニットメーカーとして、愛され続けているのに納得。
フランスで丁寧に作られる姿を想像しながら着て頂きたいブランドです。











NO XX NO LIFE vol.2

2022. 07. 23


NO GARDENING NO LIFE
by Going!Coming!店主




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

店主・最近の“お気に入り”は、ガーデニング/園芸です。
昨年から諸事情により、実家の庭の手入れをしています。
昨年は片付けだけでしたが、今年は春から種をまきジニア(百日草)とひまわり・コスモスが咲きました。
コスモスは、別名・秋桜なんで、かなり早咲きですが。

何事も、種をまいて結果が出ると楽しい事を実感しています。









NO XX NO LIFE vol.1

2022. 07. 14


NO 軍パン NO LIFE
by Going!Coming!店主




“NO XX NO LIFE” は、有名レコードショップのキャッチコピーから拝借したモノで、意訳で「“XX”ない暮らしなんて…」とつもりです。

店主の“お気に入り”は、当店で欠かせないアイテムの軍パンです。
当店をオープンする際も、一番に仕入れたのはフランス軍のM47で、当時は今ほどの人気や価格ではなく、ホンモノが安価で仕入れが出来ました。
オープン後もいろいろと軍パンを仕入れましたが、現在は軍パンの仕入れ自体が難しくなってしまいました。
ですが、軍パンは当店で欠かせないアイテムですので出来る限りは仕入れようと思っています。

現在可動中のマイ軍パンです。
ワガママボディーになり、穿けなくなってしまった軍パンもあるので、気をつけます。